トップページ環境・社会貢献環境事業部 > 無電極ランプとは
アイトス株式会社
環境事業部
最適な照明をご案内。経費削減をお手伝いします

水銀灯と比べ消費電力 約70%削減

2020年以降、水銀灯の製造、輸出入が禁止になります。
省エネで明るい無電極ランプの導入をおすすめいたします。

無電極・LED・各種照明に関することはお気軽にお問合せ下さい

無電極ランプとは

「無電極ランプ」とはその名の通りランプ内に電極が無い照明です。ランプ切れの原因であるフィラメントや
電極の損耗・蒸発・断線が無いため他の照明と比べてダントツで圧倒的な長寿命が特徴です。そのため、ランプの交換や修理が困難な高所や危険な場所などに採用されることの多い照明です。以前より省エネと環境、長寿命という性能から東京湾のレインボーブリッジ、明石海峡大橋や航空自衛隊浜松基地にも使われています。
また、演色性が高いこと、省電力というのが魅力の照明です。
日本では「時代はLED照明」と言われがちですが、世界では無電極ランプが浸透しつつあり、30年来の実績があります。更に下記グラフのように無電極ランプは水銀灯やLEDより光の減衰がゆるやかなのも特徴の一つです。

無電極ランプ発光原理と構造

※3〜5は蛍光ランプと原理は同じです

無電極ランプの特徴

広角に広がる明かり

光の広がりが大きく影が少ない

長寿命〔100,000時間〕

発光管内部に寿命の原因であるフィラメントや電極がない

節電効果〔70%〕

水銀灯400wに対し無電極ランプ120wで同等の照度環境

瞬間点灯

水銀灯は約5分~10分必要

まぶしくなく目にやさしい明かり

LEDは指向性が強くまぶしさを感じる

減衰しづらい

水銀灯は10,000時間で約半分に対し無電極ランプは100,000時間で約70%です

無電極ランプの特徴
無電極ランプ・水銀灯・メタハラ・LEDの比較
比較項目 無電極ランプ 水銀灯 メタハラ LED
消費電力 120w 400w 250w 150w
水銀灯400wを基準とした照度環境の場合
省エネ率 70% 40% 60%
水銀灯400wに対する省エネ率
ランプ定格寿命(時間) 100,000 12,000 18,000 40,000
水銀灯の場合2000時間使用で約80%に減衰し照度が減少する
水銀含有量 5mg以下 約30mg 約20mg 0
国連水銀条約(2013年採択)水銀灯は2020年以降製造・輸出入禁止
演色性 80 40 70 70
演色性とは光源をあてて物体を見る場合に自然な色合いを示し、太陽光に近い光源が演色性が高いと言います
点灯容易性 瞬時点灯 5分 5分 瞬時点灯
無電極ランプは、電磁誘導による発光原理の為瞬時点灯します
ランプ発熱温度 80°C 300°C 300°C 50°C
水銀灯・メタハラの場合冷房効果に影響有り。LEDは電源回路部の温度高い
フリッカ(ちらつき) × ×
LEDの場合メーカーによっては生じる機種もある
ランプ重量 ×
LEDの場合電源部の重量が重い
光の広がり ×
LEDは指向性が強く広がりがない
グレア(まぶしさ) ×
LEDは大変まぶしく残像が残る スポーツ施設には向かないと言われている
誘虫性 × ×
無電極ランプは虫が好む波長が少ない。LEDは紫外線がなく虫が寄り付かない
導入費用 ×
新設の場合の標準価格を記載 LEDは国内メーカーの価格
1台当り年間電気代 ×
1日10時間点灯/月間25日 電力料金(基本料金1600円使用料金15円で試算)
ランニングコスト × ×
20年間のメンテナンス費用を試算(1日10時間/月間25日)

※水銀灯・メタハラ・LEDは一般的な製品の情報であり、特定の製品を示す内容ではありません。

はその項目で一番優秀

無電極ランプとLED 光り方の違い

LEDは点発光なので指向性が強く拡散しないので空間が暗く感じます。 無電極ランプは面発光で拡散性が高く空間全体を明るくします。

点発光の為、光が広がりにくく空間が暗く感じる

面発光により、光が広がり空間全体が明るくなる

照度分布図の比較

LED 150w型
平均照度は同じだが、全体の明るさにムラが目立つ

無電極ランプ 150w型
ムラの無い均一な光が空間全体を覆う

直進する光と広がる光

直進性の強い明かり

広がりのある明かり

左側は天井にLED照明を設置しています。 あえて光の広がりによる空間の快適さを実験するために、 特に広がりの少ないタイプを設置しています。真下では光のあたる部分だけクッキリと明るくなっていますが壁やドアに 光が当たらず不安な印象を与えます。 これに対し、右側の広がる照明では床の明るさはありませんが、壁のみならず空間全体が明るく、安心した雰囲気を作ります。

水銀灯 400w

無電極ランプ 200w

倉庫内の中央に一灯だけ照明を仮設置した実験です。 左は水銀灯の400w。真下の照度は660ルクスあります。 LEDよりは光が広がりますが、壁際の棚には十分に光が当たらず、全体として暗い印象です。 それに対し、
右の無電極ランプは200wと半分の省電力。 真下で255ルクスと、データ上では水銀灯に比べ半分以下の明るさなのですが、隅々まで光が行きわたり、作業環境は大幅にアップしています。

どの照明機器がより良い作業環境を作るでしょうか?

LEDと無電極ランプ設置事例

LEDランプ
LEDランプは指向性が強く光が拡散しない

無電極ランプ
無電極ランプは光が拡散する

無電極ランプ誘虫誘発について

無電極ランプは紫外線放出量が少なく、誘虫対策及び紫外線防止エリアの照明に適しています。

LEDは暗い?眩しい?

LEDによる高天井照明が普及し始めた頃、「400w水銀灯を80wで代替可能、1/5の省電力!」というようなカタログ表記が多くみられました。
しかし、前述したとおり、LEDの明かりは一方向にのみ放出する直進性の強い光なので、照明器具の真下では水銀灯と同等、もしくはそれ以上の明るさの数値が出るのですが、少し横にずれると急激に数値は下がります。
これにより、手元での明るさは場所によって非常にムラのある状態になり、「LEDは暗い」という声を多く聞くことになったのです。
このような「暗さ感」を解消するために、最近ではメーカーも400wの水銀灯に対しては、120wから150w程度のLEDを推奨していますが、そうすると今度は直進性の強い明かりのため、見上げた時の眩しさが気になる、ということが問題になっているのです。

2015年4月16日 9時35分 スポーツ報知

8回無死一塁、井端平凡な左飛に目測を誤り落としそうになる筒香
◆DeNA0―3巨人(15日・横浜) 15日DeNA・巨人戦(横浜)守備で、照明が視界に入ってボールを捕り損るシーンが続出した。 まず4回1死一塁、巨人・杉内が緩めけん制球を投げ、一塁井端が後ずさりしながら
何とか捕球した。井端「山なりになると(ボールが)消える」と話した。
6回2死で、DeNA右翼手・梶谷が亀井右中間へ打球を見失い、二塁打にしてしまった。
梶谷「 (照明と球が)重なって、全く見えなかった。今後ああいうことが起これば、最低でもシングル安打にとどめないと」と対策必要性を実感。8回1死で、一瞬だけ打球を見失った巨人金城が、後ろに下がって左前打にした。梶谷「金城さんようなプレーも必要だと思った」と強調した。
同球場は今季から、日本の球場では初めて照明を全面LED化。従来より光が白く、まぶしく感じる傾向があるとされる。
球場では光の強弱や角度など、開幕前から入念なテストを重ねてきた。選手が最もプレーしやすいとされる設定で試合を行っているが、どのチームも今後は慣れる作業が必要となりそうだ。

電気料金の削減事例

契約電力11KW減
月間13959円 削減

消費電力 62%減
照度2倍

東京電力への契約変更事例

電力会社に契約電力変更を申請すると短期間で基本料金を下げてもらえる可能性がございます。
(当社もお手伝いさせていただきます。)

無電極ランプ(製造~出荷工程)

工場棟外観

ガラス加工作業

組み立てライン

組み立てライン
耐圧試験工程

発光試験設備
(200V通常発光、90V低圧衝撃発光、290V高圧衝撃発光、200V衝撃発光、200V通常発光の5ライン)

発光試験

梱包工程

製品倉庫

LOVE働く体操

DiAPLEX

光電子の秘密検証

Copyright © 2009 AITOZ CO.,LTD. All Right Reserved.